本文へスキップ


ようこそ、筑波大学体育史・スポーツ人類学研究室へ。

体 育史・スポーツ人類学研究室は、国内外の体育・スポーツに関する歴史学的・人類学的な研究を進めています。現在教員と学生を合わせて24名のメンバーが所 属し、意見交換や交流を図りながら各々の学びを深めています。当ウェブサイトは大学院生が運営し、研究成果の報告やイベントの告知を行うとともに、日誌 (ブログ)を通して研究室の様子をお伝えしていきます。

What's New!!

  • 2017 研究室のfacebookpageを開設いたしました。

    筑波大学体育史・スポーツ人類学研究室
  • 2014.4.11 平成26年度スタート

    新歓お花見会および第一回ゼミが行われました。3名(岡村、杉並、洪)が新しく入室しました。
  • 2014.3.2 平成25年度室報

    「室 報」ページに、平成25年度研究室報を掲載いたしました。
  • 2014.3.1-2 平成25年度最終発表会兼体育・スポーツ史研究会開催

    本年度は、学内外より26名の研究発表・報告が行われました。
  • 2013.11.16-17 秋季スポーツデー結果

    バレーボール(ベスト8),サッカー(3回戦敗退)、キックベース(2回戦敗退)、駅伝準優勝の好成績を得ました。
  • 2013.10.12 スポーツ×国際開発 平成24年度グローバル人材育成事業 報告書公開

    平成24年度末に行われた表記事業に関する報告書が発行されました。真田学群長をプロ ジェクトリーダーに、山口助教が現場引率、また本研究室から数名の学生がスタディツアーに参画しました。